ザ ロイヤルパークホテル アイコニック京都の宿泊記

当ブログにはサービス・商品の広告が含まれています。
ロイヤルパークホテルアイコニック京都のスーペリアダブル

ザ ロイヤルパークホテル アイコニック京都」は京都市の烏丸御池にあるホテルです。

2023年2月、管理人である私が実際に泊まりましたので、客室ホテルラウンジ朝食などを中心に宿泊レポートをお伝えします。

「ロイヤルパークホテル アイコニック京都」で使える限定クーポンが発行されることがあります。忘れずに取得しましょう。

注記:撮影出来ない大浴場等の写真は一休.com様から引用させていただいています。

記事の内容

ホテルの概要

ロイヤルパークホテル アイコニック京都の前景

「ザ ロイヤルパークホテル アイコニック 京都」は、2022年4月1日に開業したホテルです。三条・四条・梅小路の「ロイヤルパークホテルズ」、二条の「ロイヤルパーク キャンパス」、そして京都で5軒目のロイヤルパークホテルズであり、フラッグシップホテルの「アイコニック」を冠した当ホテルが誕生しました。

宿泊特化型のホテルですが、泊まることが目的となる「デスティネーションホテル」がここのテーマです。

住所〒604-0836 京都府京都市中京区東洞院通御池上ル船屋町420
電話075-241-1110
客室125室
付帯施設1階:バー・レストラン・パティスリー・ロビー
2階:大浴場・メディテーションルーム・ホテルラウンジ
3階:コインランドリー
5・9階:製氷機
チェックイン15:00~
チェックアウト11:00
ロイヤルパークホテル アイコニック京都のロビー

1階はフロント・ロビー・バー・レストラン・パティスリーがまとまっています。

エレベーターは2基が設置されています。やや動作が遅いこともあって混雑時は待つ必要がありました。カードセキュリティーが導入されており、カードリーダーにカードキーをかざすと特定の階層が選択できます。

ロイヤルパークホテル アイコニック京都のエントランス

ホテルの雰囲気は昼と夜とでは様子がガラリと変わり、高級感が漂います。

ロイヤルパークホテル アイコニック京都のバー

夜には黒色がぐっと引き締まり、昼間とは違った雰囲気に変わります。

客室について

ホテル客室の構成は下記の通りです。全室バス・トイレ別のセパレートタイプです。

客室広さ
スタンダードダブル(14室)25.5㎡
スタンダードツイン(7室)27.8㎡
スーペリアキング(21室)32.0㎡
スーペリアツイン(40室)30.0㎡
デラックスツイン(13室)37.5㎡
デラックスキング(14室)37.5㎡
プレミアム(7室)42.5㎡
コーナーバルコニーダブル・ツイン(計6室)50.0㎡
アイコニックスイート(1室)87.8㎡
ユニバーサル(2室)30.0㎡

部屋の特徴も併せてご紹介します。

スタンダード

シンプルながらも充実した設備を備えた機能的な客室です。浴室はシャワーブースのみです。ホテルの吹き抜け側に窓があるので眺望が無く、携帯電話の電波が入りにくいのがネック。

スーペリア
ロイヤルパークホテルアイコニック京都のスーペリアキング

スタンダードよりも広い面積で、浴室に浴槽や洗い場を備えた客室です。このタイプの客室が当ホテルの主力です。

デラックス

御池通りのある南側に面した客室です。デスクスペースを備え、水回りの仕切りに格子戸が使われており、スーペリアよりも広く充実しています。広いデスクスペースがあるので滞在を楽しみつつ、仕事もしたいとお考えの方に最適です。

プレミアム

テレビの代わりにプロジェクターを備えた客室です。迫力の臨場感でU-NEXTやネットフリックスなどの動画配信サービスやテレビ放送を楽しむことが出来ます。ホテルでライブ感染や推し活を楽しむのに向いています。

コーナーバルコニー

デラックスと同じく御池通りに面したテラス付きの客室です。祇園祭の山鉾や時代祭の行列が巡行する御池通りに面しており、それらを鑑賞する際には打ってつけの客室です。ビューバスを備えていることも特徴です。

アイコニックスイート

最上階9階、リビングダイニングと寝室が共に御池通りに面した当ホテルで最も大きな客室です。

ユニバーサル

車いすの方が快適に利用できるように、導線に余裕を持たせた客室です。この客室の予約については、ホテルの公式サイト限定のようです。

スーペリアツイン、デラックスツイン、プレミアム、コーナーバルコニーツイン、アイコニックスイートは3人まで一緒に泊まることが出来ます。その際は、エキストラベッドを室内に追加設置するようになります。

立地やアクセス

ロイヤルパークホテル アイコニック京都前の御池通り

地下鉄烏丸線・東西線「烏丸御池」駅の1番出口から徒歩約2分の場所にあります。烏丸御池駅からは東西南北へ移動し易いので観光の拠点として非常に便利です。近隣には商業施設や飲食店が多数あり、様々な用事が済ませられる良い立地です。

シマオ
旅ホテルブロガー
ホテルと静かな場所の訪問が好きなホテルブロガー
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

記事の内容